エルゴブログ

2017/01/17

起きてしばらくして続く両太もも裏の痛み

朝起きた時は痛くなく、しばらくすると両太ももの裏が

 

痛み出し数時間続くという70代女性。

 

半年前からですが、最初はふくらはぎに痛みが出ていたのが、

 

太もも裏に移動してきました。

 

大学病院では腰椎の5番と仙骨の間が狭くなっていると

 

言われたそうです。

 

また、手術はリスクがあるといわれたそうです。

 

最初の頃、首が怪しくて矯正・調整すると痛みもなくなるのですが、

 

翌日には戻ります。

 

その後左手、左ひじと調整部位が変わり、さらに前回は

 

右手を調整しました。

 

本日も生理的な歪みを取り除き、重力による歪みを

 

取ると、左の股関節の歪みが残ります。

 

検査をかけていくと、腰椎の5番、頸椎の7番

 

さらに右の肘にいきつきました。

 

右ひじの調整をすると腰椎の5番、頸椎の7番

 

そして左の股関節もきれいに動きます。

 

ただ関節の動きを慎重にみると、まだ左の仙腸関節に

 

少し引っ掛かり、右の股関節にも動きの悪さが残ります。

 

これは右の足首で変化しそうです。

 

右足首の調整をすると、右の股関節だけでなく左の仙腸関節の

 

引っ掛かりがきれいにとれました。

 

さて、これでどうでしょう。

 

ご本人はすごくいい感じだとおっしゃっているのですが。

 

 

 

足立区の腰痛・坐骨神経痛、お尻・脚の痛みとシビレ専門整体。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
たけのづか療術センター
http://yotsu-kaizen.com
住所:東京都足立区西竹の塚1-14-16
加藤ビル101
TEL:03-3857-0814
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇